acrylichair

ファンケル「尿酸サポート」の効果を調査!配合成分にはどんな働きがあるの?

ファンケル「尿酸サポート」の効果 3つのポイント

ファンケル 尿酸サポート
ここがポイント!
  1. 高めの尿酸値を下げる機能
  2. 尿酸を作らない・溜めない・外に出すをサポート
  3. 科学的根拠のある機能性表示食品

※参考 ⇒ファンケル公式「尿酸サポート」980円でお試しキャンペーン中!

ファンケル「尿酸サポート」にはどんな効果があるのか

尿酸サポートの効果に影響する成分が「キトサン」「アンペロプシン」になります。
この配合されているキトサン・アンペロプシンは、科学的根拠に基づき機能性を関与する成分となっています。

それでは、どのような働き・効果があるのか紹介していきます。

高めの尿酸値を下げる機能

ファンケル「尿酸サポート」の効果

アンペロプシン・キトサンを含有する食品を摂取することで、尿酸値が高め(尿酸値6.0~7.0mg/dL)の人の尿酸値を下げる研究結果が報告されています。

血清尿酸値が6.0mg~7.0mg/dLの20歳~65歳の男女80名を対象に、アンペロプシン・キトサンを含む食品を摂取するグループと、アンペロプシン・キトサンを含まない疑似食品を摂取するグループの2つのグループに分けて、12週間摂取し、摂取開始、摂取4、8、12週間後に、血清尿酸値の変化量、尿中尿酸排泄量、尿酸クリアランス、クレアチニンクリアランス(Ccr)、尿酸クリアランス-Ccr比を比較したところ、アンペロプシン・キトサンを含む食品を摂取したグループの摂取12週間後の血清尿酸値が有意に低下しました。
引用 https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc02/?recordSeq=41812180320300

プリン体の吸収を抑制「キトサン」

キトサンは、カニやエビ等の甲殻類の外骨格を構成しているキチンを加工して作られる多糖類のひとつ。
尿酸の前駆体となるプリン体の吸収を抑制すると考えられます。

尿酸の合成制御・排出促進「アンペロプシン」

アンペロプシンは、中国で古くから飲用されている藤茶に多く含まれているフラボノイドのひとつ。
高い抗酸化作用を持ち、尿酸の合成を抑え、排出を促進すると考えられます。
ファンケルが独自に機能を見出し、原料から開発を手がけた成分です。

尿酸値を訴求した日本初の機能性表示食品!

尿酸値に関する機能で初めて受理された機能性表示食品です。

届出表示として
本品にはアンペロプシン・キトサンが含まれるので、尿酸値が高め(尿酸値6.0~7.0mg/dL)の方の尿酸値を下げる機能があります。

機能性表示食品とは
事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。
販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。
ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。
引用 http://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/about_foods_with_function_claims/pdf/150810_1.pdf

ファンケル「尿酸サポート」を飲んだ人が感じた効果

  • 健診で数値がだいぶ良くなった
  • コルヒチンに頼らなくなった
  • 心配せずにビールが飲めるようになった
  • 食事が楽しめるようになった

痛風の原因にもなる尿酸値を下げる機能性表示食品ということで、痛風で尿酸値が気になる人が多く飲まれていますね。
数値が下がるからといって、何でも好き勝手に食べられるわけではないですが、プリン体にそこまで神経質にならなくても良くなるのか、食事が楽しめるとは思います。

[関連ページ] ファンケル「尿酸サポート」の口コミ・評判を調査!人によって効果はない?

まとめ

最後に、ファンケル「尿酸サポート」の効果について、おさらいしましょう。

・高めの尿酸値を下げる機能
・尿酸を作らない・溜めない・外に出すをサポート
・科学的根拠のある機能性表示食品